主婦こそ利用したい「無利息特典」のある借入れ

専業主婦であっても、条件次第ではカードローンを利用して借入れをすることが出来ます。アルバイトやパートをしている人であればすべてを自分の属性で対応することが出来ますし、収入がない場合であっても配偶者の属性を利用して対応することが可能です。いずれにしても、確実に利用出来ると言う訳では無く、審査の結果次第で利用できるかどうかは変わってきます。

 

ただ、主婦がカードローンを利用するという場合には「如何にリスクを減らすことが出来るのか」という事が非常に大きなポイントになります。契約時に配偶者に内緒で利用するのか同意を得て利用するのかと言う点もありますし、収入的に余裕が少ない状況であれば返済の負担に負けてしまわないような利用をするという事も重要です。

 

配偶者の同意についてはまだしも、「確実に完済できるかどうか」と言う点には十分配慮する必要があります。そこでおすすめなのが「無利息期間」が設定できるカードローンです。

 

銀行・消費者金融カードローンの中には「無利息期間」があるものがあります。多くは「初めて契約する人限定」で利用出来る特典ではあるのですが、借入れ金額の一部もしくは全額を一定期間無利息で利用することが出来る様になるため、返済の負担を大きく減らすことが出来ます。

 

特に、「給料日までの数日程度のお金を借りたい」と言う場合など、確実に完済できる時期が決まっているという状況では大きな意味を発揮します。

旦那の同意書つきで主婦がカードローン利用できることも

主婦は家族の暮らしや食生活を円滑に進めるためにも日々様々なやりくりを求められるもの。限られた金額をうまく配分して、家族のため、そして自分のために必要な費用を捻出しなければなりません。その中でふとお金が不足したり、ファッションや美容などに関する出費で支払いが困難になってしまうケースもあるでしょう。こういったピンチを乗り越える上でも消費者金融や銀行が提供するカードローンは大きな支えとなってくれるもの。一枚の個人カードを発行して使いこなすことで近くのATMからいつでも手軽に融資金を引き出せるはずです。

 

ただし専業主婦がカードローンを契約する際には注意も必要です。消費者金融におけるカードローンは総量規制の対象となるので年収の3分の1を超える融資が受けられません。そのため全くの無収入の主婦は審査通過が困難になってしまうのです。

 

一方、銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、主婦の立場や年収にかかわらず銀行の審査基準や判断に基づいて借入の可否を判断することができます。中には全くの無収入の主婦でも借り入れが可能なものもあり、その際には例えば申請者の旦那の年収や職業、職場などの諸情報を記載した同意書などを提出することによって審査通過ができる場合もあります。

 

このように旦那の同意書を提出することによって、もしも申請者の主婦本人が支払いに困った時には旦那の経済力がこれをカバーするという保証が生まれ、それがそのまま信用度となって借り入れが可能となるのです。

専業主婦の借入審査について

基本的にカードローンを利用する為には、「自分で安定した収入を得ている」という事が最低条件として設定されています。特に消費者金融カードローンに関しては、総量規制の影響があるので収入がない専業主婦の場合には借入審査を受けるまでも無く否決されてしまうので注意が必要です。

 

専業主婦がカードローンを利用するという場合には、銀行カードローンなどの「総量規制対象外」のカードローンに申し込みをする必要があります。総量規制対象外のカードローンであれば、年収による借り入れ制限自体は無いので審査次第では無収入でも契約できる可能性があります。ただし、これは専業主婦限定の特典と呼べるものであり、独身者が同じように利用できる訳では無いので勘違いしないように注意が必要です。

 

借入審査時、収入や勤務先に関する情報などを基に審査が行われます。「十分な返済能力があるのか」と言う点が重要なポイントになってくるのですが、収入がなければ返済能力が無いという判断をされることになります。しかし、専業主婦の場合は「配偶者」の存在がある為、家庭の収入を共有しているという考え方に基づいて「配偶者の収入を自分のものとして審査を受けることが出来る」という特例が存在しているので、配偶者の属性次第で契約できる可能性がある訳です。

 

銀行カードローンを利用する場合には配偶者に内緒で契約することが出来ますが、一部の消費者金融カードローンでも利用出来るところの場合は同意が必要になってしまうので、契約条件や同意を得られるのかと言った点を基準にして判断していく必要があります。

銀行カードローンで即日融資を受けるためのコツ

銀行カードローンに申し込みをする時、「ネット申し込み」や「電話申し込み」を利用する人は非常に多いです。来店不要で契約することが出来る為、わざわざ来店する時間を確保する必要性が無いだけでなく「周りにバレるリスクが少ない」というメリットもあるので非常に便利な方法です。

 

しかし、銀行カードローンを即日融資で利用するという場合には、状況次第で可能性が大きく変わってしまうので事前に条件などをしっかりと確認しておくことが必要です。

 

例えば、振り込みで即日融資を希望する時には「銀行の営業時間内に契約を完了させる」という事が必要になります。基本的に振込み融資を利用する時には、「平日の15時(午後3時)」までに契約および振り込み融資の手続きを完了させる必要があります。ただし、銀行によっては14時半までに完了させる必要があったりと言う具合に明確な時間には違いがあるので、事前に対応できる時間を確認したうえで間に合うように手続きを行う必要があります。

 

簡単な対処法としては「出来るだけ早い時間から手続きを開始する」と言うものがあります。早く始めれば何らかのトラブルがあっても時間内に完了させられる可能性が高くなります。ただ、どうしても時間的にギリギリになってしまうという場合には、振り込み融資に限定しない利用を検討しておくと即日融資の可能性を高めることが出来ます。ネットバンキングの利用や来店での融資であれば、時間に大きな余裕を持って利用出来る可能性が高くなります。

主婦のカードローン審査に主人の会社に連絡がいくか

主婦がカードローンを利用する場合、専業主婦であるかどうかで事情が大きく異なります。主婦であっても、パートやアルバイトなどで安定した収入がある場合には、通常のケースと同じようにカードローンを契約することができます。無利息サービスなども同じく受けることができます。
しかしながら専業主婦の場合には、本人に収入がないため事情が異なってきます。まず、消費者金融や信販会社などの貸金業者の場合には、総量規制の適用を受けるため収入がない方には原則として融資できません。例外規定として、配偶者特別融資という制度がありますが、書類が多かったり事務作業が煩雑なためほとんどの業者が受付けてないのが実情です。専業主婦が申し込めるのは、総量規制の適用を受けない銀行カードローンとなります。
専業主婦がカードローンを申し込む場合には、ご主人に安定した収入があれば契約は可能です。ただし、本人には収入がありませんので審査はご主人の属性で行われます。従って、ご主人の個人信用情報はチェックされることになります。ここで問題がなければ審査が通る可能性は高くなります。この場合、在籍確認などご主人の会社に電話連絡はありません。
このように専業主婦でも銀行であれば契約することはできます。しかし、すべての銀行が対応しているわけではありませんので事前の確認が必要です。また、融資上限金額は30万円くらいの少額に抑えられるケースがほとんどとなります。